不動産投資での収入基準は利回りにある!

ある程度の空き室があるという前提で、収入を見積もることも大切です。

せっかく不動産投資をするのであれば、やはりリターンを大きくしたいというのがあります。
具体的には、投資価格に対して多くのリターン(賃料)がある物件を選ぶということが大切になります。

そこで目安となる指標に「利回り」というものがあります。
利回りが高い物件を選ぶことが不動産投資による収入を多くすることになりますので、物件選びの段階ではこの利回りに注意して見て回るようにしましょう。
「利回り」の中にも色々と種類がありますので、いくつかご紹介します。

まず、表利回りというのは(購入物件)/(年間収入)で表した数値のことを言います。
物件を選ぶ際には利回りをポイントとして掲載している不動産会社も多く、早く投資資金を回収するという点においてはとても大切な指標です。
ですが、実際は固定資産税や火災保険料をはじめとした諸々の経費が必要です。
他には管理費や修繕積立費、不動産会社や管理会社に払う各種手数料などがあります。

この経費を含めて加味した数値というのは実際の利回りであり、実質利回りと呼ばれています。
これは現実に近い数値であり、注意して見る必要があります。
時には20パーセント以上の利回りをうたっている業者もありますが、あまりに高い利回りに関しては少し慎重にみる必要があります。
そんなにメリットのある不動産物件であれば即座に買い手が集まっていいはずですし、内容を良く見て、不明点や疑問点は問い合わせるということが大切です。

また、利回りというのは原則、全ての部屋が入居者で埋まっているという空き室ゼロのパターンを想定しています。
実際、マンションやアパート経営をしてみると分かるのですが、この空き室ゼロというのは非常にハードルが高いものです。
後ほど説明しますが、この空き室ゼロを回避することが不動産投資において成功の最大のポイントといってもいいでしょう。

ですから、特に慣れない初めての投資物件の場合には、ある程度の空き室があるという前提での収入を見積もることが大切です。
特に滞納者などが出てしまった場合には賃料の回収にかかる負担は相当なものになります。
金銭的な負担もありますが、手間や精神的な負担も相当のものになります。
もちろん、こうした滞納者が出ないための対策に関してもしっかりと確認しておく必要はありますが、空き室ゼロと想定しての収入見込みは避けるようにしましょう。