不動産投資の収入にはこんなメリットが!

不動産の購入の仕方を工夫しておけば、相続の点においても非常に安心です。

不動産投資による収入の特徴として、ロングリターンが得られるという話はしましたが、それ以外にも色々とメリットがあります。

まずは、サラリーマンの方にとっては節税という面で大きなメリットがあります。
通常、給与所得があった場合には所得額に応じて所得税と住民税が課税され、毎月おさめることが義務付けられています。
これは給与から差し引いてありますのであまり気にしていないという方も多いかと思いますが、実際は毎月ひかれているのです。
十数年前まではなかったのですが、現在は賞与(ボーナス)に対しても所得税が課税されるようになりました。
収入の多い人ほど税金をたくさんおさめていることになります。

そこで不動産投資を始めると、不動産を購入した年は購入の際にかかった費用、次年度からは減価償却に関わる費用が計上され、多くの場合は税務上赤字とみなされ所得税や住民税の面で大きく優遇されることになります。
これは給与所得が一般的な日本人としては是非とも活用したいメリットです。

また、生命保険に加入している方も多いと思いますが、不動産をローンで購入する際には団体信用生命保険に加入することになります。
これは契約した方に万が一のことがあった場合、保険会社がローンを肩代わりしてくれるという保険です。

ですから、不動産を購入することによって得られるものについて考えると、不動産経営の収入以上に「安心」を手に入れることができると言えるのです。
万が一のことがなければローンを返済していき、最終的には賃料のみを不動産収入として自分のものにすることができますので、老後の生活の足しにしたり、余暇で自由に使ったりすることができるのです。

また、不動産の購入の仕方について工夫しておけば、相続の点においても非常に安心です。
というのは、土地を残して亡くなった場合は、その土地を売却するか残すかどうか、金銭にかえて分割して相続するか、など複数人で相続する際にトラブルが起きやすいものです。
ですが、ワンルームマンション・アパートは比較的安い値段から始めることができますので、いくつか所有することも可能です。

相続する側の数不動産を持っておくことで、後々相続する人がトラブルなく自分の自由にすることができるのです。
最終的には、相続する方にも賃料が発生して利益を得ることができ、とても感謝されることでしょう。

このように、不動産投資による収入には色々とメリットもありますので、自分の考え方や生活スタイルにメリットが合致するのであれば、不動産投資は非常におすすめなのです。